黒い雨による被爆者認定 - 黒い雨による被爆者認定

黒い雨による被爆者認定

広島県は第二次世界大戦末期に核攻撃を受けた2つの都市のうちの1つです。これにより、多くの死者を出すこととなりました。しかし被害は生き残った人にももたらされることとなりました。それが放射線を多量に浴びたことによる被爆の被害です。被爆してしまうと、体の内部に異常が生じ、白内障やガンなどの病気を患うことになります。

黒い雨による被爆

国から被爆者としての認定を受けると、健康被害を受けたことに対する救済として、国から補助を得ることができます。しかし、今までこの被爆者認定を受けることができた人の対象は狭く、実際に被害にあっているのにもかかわらず、補助を受けることができないという人がいました。今回認定されたのは黒い雨という、原爆投下後に見られた現象の被害にあった人たちです。この現象の被害にあった人たちは、当時すぐに症状が出るというわけではなかったため、国から中々健康被害を認定されることができませんでした。